【デュエルエクスマキナ】なぜゴーレムを使うのか

 公式配信リレーの時に何度も何度もゴーレムを推しましたが、その理由を詳しく書いていきたいと思います。

【他のカードゲームとは戦闘のシステムが違う】
 例えばシャドウバース、ハースストーンだと1〜3ターン目に出したユニットで相手が4ターン目に出したカードを倒すということができます。相手の大型ユニット1体に自分のユニット3体で襲いかかるということができるわけです。この場合には1体のサイズが大きいというのはそれほど脅威にはなりません。
 しかしデュエルエクスマキナはレーンという概念があり、相手が1〜3ターン目に出したユニットと違うレーンに出すことができるため、前もって出しておいた複数のユニットで襲いかかるということができません。4ターン目に出したゴーレムはそれ以降のターンで対処をしなければならないのです。
 またシャドウバースだと「進化権を使ってサイズを大きくできる、出したターンに攻撃できる」というシステムがあるため、低コスト低サイズユニットでも場を取り返すことができます。が、デュエルエクスマキナではそういったシステムもありません。

【ゴーレムの対処はゴーレムか森獣の要撃以外ではなんらかのディスアドバンテージが発生する。】
 となると次の反論は5ターン目に5コス4/5なり、5コス5/5のユニットを出して対応すれば良いのではないかと思うかもしれませんが、現在のカードプールにはそのような都合の良いユニットがあるとは言いにくいのです。しいて言えば、アスガルドに4コス4/5(ただし氷河の上かつ前衛)のドワーフの戦士とニュートラルにサナム(4/2と2/4)がありますがゲーム序盤に氷河を安定して用意するのが難しかったり、サナムも4/2の方をぶつけると除去されやすかったりとあまり良い回答とは言えないでしょう。
 4コスのゴーレムに対して5マナ以上を消費するということはマナ、テンポの点でディスアドバンテージが発生することになります。2コス2/2のユニット2体で対応する場合には手札のディスアドバンテージが発生することになります。
 このようにゴーレムに対して損をすることなく対処する方法は極めて限定的であると言えます。それならばとりあえずゴーレムを無視するなり、チャンプブロックをするなりするのはどうかとなりますが、これをし始めるとどんどんゲームが傾いていきます。まさにゴーレムを採用している側の思うツボです。ゴーレムは相手のライフなり、マナなりを奪い続けてくれますし、ゴーレムを維持するためのコストもありませんので別のユニットの展開も継続することができます。ゴーレム側は先手先手で仕掛け続けることができるわけです。

【ゴーレムの対処は森獣の要撃がベストアンサー】
 ゴーレムの対処はゴーレムですればいいやと考えている人が多いと思いますが、これは甘えた行動だと思います。私は森獣の要撃でそれを咎めます。相手のゴーレムを森獣の要撃で倒して、自分のゴーレムでライフを4奪うと非常に勝ちやすいです。相手はその後に別の手段で対処をしなくてはなりません。都合よく2枚目のゴーレムを持っていれば良いかもしれませんが、そんなことは極めて稀でしょう。ゴーレムを森獣の要撃で倒されてしまうとユニット2体で対応せざるを得なくなってしまうのがほとんどだと思います。デッキにはゴーレムが残り1枚しか入っていない、森獣の要撃は1枚も採用していない、では損をすることなく対応ができないのです。

【結論:4ターン目にゴーレムを叩きつけろ!!】
 特別なコンボを展開するようなデッキでなければ現在の環境はこれが良い一手だと思います。コストに対するスタッツが優秀なカードはデュエルエクスマキナでは正義であると言えるでしょう。他のカードゲームに比べて戦闘システムの点からユニットのサイズというものが非常に重要だと言えます。

この記事へのコメント